<listing id="b9f9p"></listing>

    <big id="b9f9p"></big>
    <video id="b9f9p"></video>

      合肥大學紹介

      發布者:發布時間:2011-08-25瀏覽次數:2626

       
       

          合肥大學は、清廉潔白にして公平な裁判官として中國內に知られている包拯の故郷でもあり、今は科學教育の基地としても知られる安徽省省都合肥市にある。2002年3月に合肥連合大學、合肥教育學院、合肥師範學校の三校が合併して、合肥市唯一の市立大學として創立されました。理系、文系、応用學の諸學を調和的に発展させるにふさわしい総合大學である。

        合肥大學には、南艶湖、黃山路、寧國路の三つのキャンパスがある。三キャンパスを合わせた面積は約55ヘクタールにのぼる。大學の校舎建築面積は約37萬平方メートルであり、教育研究設備の総価値が約5400萬元、蔵書數は56萬冊である?,F在は南艶湖キャンパスの拡充を最優先しておる。つい先だっても新図書館の起工式を終えた。

        在職する教職員は902名、うち教師は655名である。この中に、副教授以上の職名を持っている教師は229名であり、教授職は41名である。外國人教師は20名である。その內の一人は國家レベルの「國家友情賞」を授與されており、6人は省レベルの「黃山友情賞」を授與されている。學生數は(専科生を含めて)約一萬三千名、社會人教育の在校生が約一千名、外國人留學生が70名である。

        本學は學士の學位を授與する大學である。學部は建築學部、生物?環境工學部、科學?材料工學部、コンピュータ科學?技術學部、電子情報?電気工學部、機械工學部、蕓術設計學部、中國言語學?文學部、経済學部、教育學部、外國語學部、管理學部、數學?物理學部、観光學部、基礎教育學部の15の學部、71の専門學科から構成されている。大學はまた成人教育學院、基礎実験?実踐センター、図書館、現代技術教育センター、學報編集部、中國?ドイツ環境技術転化研究センター、都市ゴミと資源化利用安徽省工事技術研究センター、安徽省ドイツ語教室センター、蕓術設計研究所、不動産研究所、江淮文化研究所などの教育研究機関をも備えている。省政府認可の「中國?ドイツ?ドイツセンター」も設置されている。

        合肥大學は「地域性、応用性、國際化」を教育研究の理念として、高レベルの本科大學を建設しようとしている。そのために常に教育の改革に心がけている。學科の専門教育を見直し、教育資源の配置を最適なものにし、カリキュラムの改善に努め、教育研究の一層の充実を求めている。実踐性の強化、教育の質の向上を目標にして、教育の基本を強固にし、教育の質の向上のために種々の評価制度を活用している。特に、教育充実は人材の活用にある點を考慮し、教師の育成に意を注いでいる。2005年、大學は視點を規模拡大から內部発展に転じ、各事業をこの観點から進展させている。これらの方針のもとに大學の各種活動は活発になり、教育研究レベルは大きく高まった。

        本學は恵まれた教育研究環境を活用するとともに、本學がおかれている合肥市の経済技術開発區にある周辺企業及び外國大學との協力を積極的に展開している。企業の科學研究のニートを教育に取り入れ、大學の教育研究を促進して、地域経済の活性化と社會の発展に大きく寄與している。EUのアジア共同研究、ドイツ學術交流基金(DAAD)、ドイツ國際交流?発展センター(CIM)などのプロジェクトは順調に実施されている。中國とドイツの新エネルギーの技術、生物エネルギーなどの共同プロジェクトも順調に進んでいる。安徽省とドイツの協力プロジェクト「中國?ドイツ環境技術転化センター」の建設も始まった。また地域と大學と企業の協力協定が正式にスタートして、大學は省及び市の研究部門や企業との技術開発の契約を20數件締結した。

        2003年來、大學は國家自然科學基金プロジェクト、國家プロジェクト委託課題、國家計畫研究プロジェクト省科學技術高度プロジェクト、省青年科學技術基金プロジェクト、省自然科學?社會科學基金プロジェクト、その他省の部局レベル、大學支援レベルの教育研究支援プロジェクトを含めて400件にのぼる外部資金を獲得している。國內外の學術刊行物に掲載された論文數は1000點以上、國家特許得は7件、省、市、の科學研究賞受賞は10件など対外的にも評価されている。學生でいうと、教育部の留學帰國者科學研究基金取得者が1名、第六期安徽省青年科學技術受賞1名、合肥専門技術人材推薦2名と教育での成果も外部に認められている。國際會議としては中國?韓國?ドイツの「新時代青少年教育及び體験國際シンポジュウム」などの大規模な學術會議を主催している。

        本學は教育理念「教育の要點は人間第一主義にある」にのっとり、高レベルの人材育成を重視し、各個人の素質を十分に伸ばすとともに、複合型人材育成を目指して學生に自主的な職業能力、創造能力、競爭力を持たせる教育を進めている。2007年までの三年間だけでも、本學の學生は全國大學電子設計コンクールで二等、全國優良キャンパス文化で三等、全國大學生剣術大會において男女の個人チャンピオンと団體のチャンピオン、全國大學生の蕓術展覧會での國家二等賞、第一期安徽省大學生技術競技「挑戦杯」二等などの成果をあげている。

        合肥大學は省及び市政府の大きな支持、全教職員と學生の努力により、急速に発展してきた。設立以來すでに2萬名近くの人材を社會に送り出している。ここ數年卒業生の就職率は95%以上である。そのうち60%以上の卒業生は合肥で働いており、合肥佳通タイヤ社では本學の卒業生が150人以上働いている。その中の8人は既に幹部として活躍している。

        合肥大學は、1985年安徽省とドイツのニーダーザクセン州とが中國?ドイツの省?州レベルでの文化交流プロジェクトの一環として共同発展契約書を結んで以來、そのプロジェクトの実施校として積極的に國際交流を展開してきた。それと前後にしてドイツ、オーストリア、韓國、日本、アメリカ、タイなどの25の大學と友好協定を結んでいる。2005年5月、ドイツのニーダーザクセン州首相が本學を訪問され、安徽省とニーダーザクセン州の新しい協力関係が樹立された。また大學はドイツ、スイスの13の大學及び韓國の三校の大學と友好協定を締結して、教師と留學生を互いに派遣している。七百名を越える學生を送り出して、學士、修士の學位を取得している。卒業した留學生は中國と外國の協力交流の中で積極的な働きをしている。それ以外にも本學は積極的に外國の専門學科との協力関係を展開している。合肥大學は安徽省內で、香港、マカオ、臺灣の大學の大學生受け入れられることの出來る八つの大學の一つであり、それらの國々からは現在19名の留學生が本學で勉強している。

        現在、本學は2006年以來の五ヶ年発展計畫によって、大學発展を加速している。。安徽省と合肥市の政府と主管部門の指導の下で、しっかりした科學的な発展観を確立している。さらに「地域性、応用性、國際化」の學校理念に基づき教育部の教育レベル評価行動をエネルギーにして、魅力ある學科を作り上げ、優れた人材を輩出する。また外部との強國な協力関係を學校運営の基軸に據え、合肥市及び安徽省の発展に寄與し、広く中國內での自主的學習能力、より高度な職業能力と創造能力を備えた人材育成に寄與すべく努力を続けるつもりである。2008年度には、本學は安徽省教育部の評価により、本格的な本科大學としての體制を確立する。2010年には一段と學校運営能力を向上させる。若干の學科において修士課程を新設する。2015年までには、省內での學術研究組織としての地位を高め、中國國內でも影響力をもつ「地域性、応用性、國際化」モデルの本科大學を確立する。これらにより、安徽省及び合肥市の科學技術の振興に大きく寄與することが期待されている。